中国でも男性化粧品市場が急拡大

経済成長が続く中国においても
男性用化粧品の市場規模が拡大しているらしいです。

経済的に豊かになると女性はもちろん
男性もスキンケアなどに気を使いお金を使い始めるのは
万国共通といえるようですね。

女性用化粧品で中国進出に成功している資生堂も
男性をターゲットとして男性化粧品にも力をいれはじめているようです。

--------------------------------

12月13日(ブルームバーグ):中国の上海に住むシェーン・チャンさんは毎朝、フェイススクラブと化粧水、保湿クリームでのスキンケアを欠かさない。28歳だが夜にはランコムのアンチエジングクリームをつけ、月に2回は死海の泥を使った美顔術も受ける。

「実年齢より若く見えると言われる」と話すチャンさんは、男性向けライフスタイル誌「達人志(メンズ・ウノ)」の販売員。ルックスのため毎月、約1000元(約1万2600円)を使う。チェンさんによれば、「セールス担当の仕事には確実に効果がある」という。

世界最大の化粧品メーカーの仏ロレアル、「ニベア」の独バイエルスドルフ、資生堂が中国市場でチャンさんのような男性をターゲットにし始めている。

(ブルームバーグ - ‎2010年12月12日‎)
---------------------------------

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック